日本武道について



◆現代武道の源流

現代武道の源流である原始・古代武道は、縄文時代の劒から直刀、鎬(シノギ) 造りの湾刀(日本刀)へと流れる刀剣の歴史に伴い、独特の創意と工夫により 多面化され、日本独自の武道へと変化発展、昇華してきました。
そして現在、日本武道は国際規模で広がり、そこに含まれる武士道の精神も 必要とされるなど、世界的に行われる他の外来スポーツと比べても、類のない ものとなっています。
その原始・古代武道の誕生については、古代・天孫降臨の神話から読み取る ことができます。そこには、神々が国創りを行う時に、それを守護する武神・ 軍神などが聖劔を振るい、平定の戦を進めていったと伝えられています。
剣技を基に素手を剣に見立てた手刀法をあみ出し、そこから体術全般(無刀体術・合気術・拳法・蹴法など) が派生、発展していきました。こうして古代武道は、現代に至るまでの日本武道 の大きな礎と成ってきたのです。


◆道場に神棚がある理由

スポーツ化された現代武道においても、必ずと言っていいほど道場に神棚があり ます。練習前にはその神前において礼を行い、終わればまた神前で礼をすると いうことが、(「武道は礼に始まり礼に終わる」と云われること等も含めて) 当たり前のようになされています。
しかしこれは本来、古代において武に対する真義が、護国(神々が創った国の守護) の為であったことに由来し、道場に神を祀ることが行われてきたものです。
それが現在では、形式や習慣として残り、真摯な心で武道に相対する為の、 礼法として続けられています。





-- Copyright(C) 2004 NIHON KENBUDO CHUDORYU BUMONKAI.All rights reserved. --